人の見た目にも大きな影響を与えてしまう可能性があるのがたるみです。そもそもなぜたるみが生じてしまうのかと言えば、そこには理由があります。肌機能の衰えや、年齢を重ねたことによって誰しも共通にたるみが生じてしまうと考えてしまう人もいますが、実際には年齢を重ねていても若々しい肌をキープし、たるみのない肌を維持している方もいます。つまり、それぞれの生活の中にも原因はあるということです。

肌そして、その1つとして挙げることができるのが肌の乾燥です。肌が乾燥しているということは、肌の水分が不足しているということであり、それによって肌にたるみが生じてしまうのです。そのため、たるみの改善のためには乾燥肌と決別することが大切ですが、その際に役立ってくれるのがヒアルロン酸です。ヒアルロン酸はそもそも人間の体内に存在しているもので、肌の奥深くにある真皮に存在します。

そして、ヒアルロン酸は水分を抱え込む役割を持っていて、ヒアルロン酸1グラムあたりで6リットルもの水分を保持することが可能と言われています。つまり、真皮にヒアルロン酸があることによって水分の多い肌をキープすることができ、それが結果として若々しい肌を作り出してたるみのない自分を維持することに繋がると言われているのです。